抜け毛が激減、愛用中のオーガニックシャンプー

抜け毛が激減、オーガニックシャンプーで髪のダメージ無し&ハリ・コシ復活!

オーガニック製品というとどの国でも割高感は否めませんが、ここスペインでも然り。

それでも肌への負担と快適さを考えると、化学成分たっぷりのものには戻れません。

その中でも「経費毒」の影響がささやかれるシャンプーは、オーガニックに変えてから抜け毛が激減しました。

今まで使い続けたシャンプーは、フランスメーカーの「CATTIER」(カティエ)と、スパニッシュメーカーの「NATUR VITAL」(ナチュル・ヴィタル)。

カティエは約2年、ナチュル・ヴィタルは1年使い続け、今も愛用しています。

organic-shampoo1

カティエの方は2種類。
保湿としなやかさを保つヨーグルト系と、余分な皮脂を取り除くクレイが配合されているもの。

どちらのブランドも使用はシャンプーのみ。

特にカティエはトリートメント不要と書かれていたので一切使っていなかったのですが、ナチュル・ヴィタルに変えてからもトリートメントは一切使用していません。

それでも髪がゴワつくことなく気になる問題も出ず、それどころか髪が強くなりました。
カラーリングやパーマなどもしていないので、素の髪力が戻ったような感じです。

そして、最近見つけて気になっているのがこちらのオーガニックシャンプー「SANTE」(サンテ)。ドイツのブランドです。

ファミリー全員が使える仕様になっていて、数種類あるシャンプーのほか、トリートメント・ボディソープ・ハンドクリームなど多種類で展開されています。

organic-shampoo2

探してもわずかな店舗しかなかったオーガニックスーパーも多店舗展開され、市内の各地で目にします。オーガニック後退国だったスペインもここ数年でオーガニック関連商品が飛躍して伸びてきています。

自然食品や健康食品などを多く取り扱う「Herbolario」(エルボラリオ)というBioショップはあったのですが、取り扱い商品が少なかったりで食品以外のオーガニック商品の選択肢が圧倒的に少なかったのが、だいぶ便利になりました。

それでもオーガニック先進国であるイギリス・フランス・ドイツとはまだまだ大きな差がありますが、スペインでの健康志向ブームも後押ししていて少しずつ前進している気配がします。

 

Cattier

フランスブランド(英語をメインに数ヵ国語に対応)
http://www.cattier-paris.com/

Natur Vital

スペインブランド(英語・スペイン語・ポルトガル語)
http://www.naturvital.com/

SANTE

ドイツブランド(英語をメインに数ヵ国語に対応)
http://www.sante.de/en/

 

この情報は2016年3月時点のものです。


 

Neal's Yardの愛用ハンドクリーム

これ以外は使えないほど愛用している「Neal’s Yard」のしっとりハンドクリーム

寒くなるにつれて手の乾燥が進み、ハンドクリームが手放せない季節になりました。

私が長年愛用しているのは、「Neal’s Yard Remedies」(ニールズ・ヤード・レメディーズ)というナチュラルコスメを扱うイギリスのブランドのもの。

一度使ってからは、他の物は使えないほど私の肌に合っていて、これなしでは冬が越せないどころか1年中お世話になっています。

Neal's Yardの愛用ハンドクリーム

正確に言うとハンドクリームではなく、「ハンドソフトナー」。

使えばその違いがはっきり分かりますが、クリームを手に刷り込んでいくと手の感触が明らかに柔らかく潤った感じになります。その名の通り、ハンドソフトナーです。

他のハンドクリームにありがちな油の膜でコーティングされたような感触は無く(私はこれが大の苦手・・・)、手の内側から潤うような感触で、クリームを塗った後のベタつきもほとんどありません。

残念ながらスペインでは実店舗が無く、ロンドンへ行く際は必ず店舗へ立ち寄り買いだめして帰ります。そして、ストックが切れたら決まってオンライン購入でスペインへ配送してもらいます。(ヨーロッパ圏内なら配送可能)

こちらがロンドン市内のメイン店舗で、Covent Garden店です。

Neal's Yardコベントガーデン店

お店の名前と同じ通り、「Neal’s Yard Street」を進んだ小さな中庭みたいな立地にあります。

Neal's Yard通り

Neal’s Yardの商品はどれもナチュラル派というか、オーガニック製品なので安心して使えます。

バスジェルやローション、アロマオイルやお手入れ用のフェイスクリームなども多種で人気が高いので、コスメ好きな方は要チェックです!

 

Neal’s Yard Remedies

15 Neal’s Yard, London WC2H 9DP, UK

この情報は2015年11月時点のものです。


 

ミドルシーズン・セール

夏・冬大セールの間にまたセール?!「Mid Season Sale」が使えます!

夏・冬の大セールが終わって懐具合もひと段落した頃、スペインでは「Mid Season Sale」という中間セールのようなものが開催されます。

といっても全てのお店で開催されているわけではなく、お店によって開催の有無や期間が異なり、だいたい10月下旬~11月上中旬頃まで開催してるところが多いようです。

このようなサインが出てるお店はセール開催中です。

ミドルシーズン・セール

このミドルシーズン・セールは、夏・冬大セールの中間時期に落ち込む売上を何とかしようと考えられた対策だそうですよ。

理由はともあれ、季節中のシーズン物がお手頃価格で手に入るなら、私たち顧客にはうれしいですよね。

私は今回のセールでボーダーのワンピースを購入。
こちらはMANGOのもので、30%オフでした。

ブーツに合わせたかったので短すぎず長すぎず、膝が確保できてゆったりとリラックスできるデザインを探していたのでちょうど良かった!

ミドルシーズンセールで獲得したワンピース

大セールと違ってサイズも比較的残っているし、何より今(これから)のシーズンに使えるアイテムが安く買えるし、この時期のセールは意外と使えますよ。

よく行くお店は要チェックです!

 

この情報は2015年10月時点のものです。


 

ヨーロッパ在住の多くの日本人が使っているLa Roche Posay

ヨーロッパ在住日本人の多くがお試し済み?!皮膚科医が薦める「La Roche Posay」(ラ ロッシュ ポゼ)

ヨーロッパに住み始めた最初の頃、一番戸惑ったのが基礎化粧品の品揃え。

移住してきた当初に友達になった子(アメリカ出身)に日々のスキンケア事情を聞いてみたら、その子も同じように移住当初は皮膚のトラブルに悩まされたとのこと。

そのとき皮膚科で薦められたのが、この「La Roche Posay」(ラ ロッシュ ポゼ)だったそうです。  

ヨーロッパ在住の多くの日本人が使っているLa Roche Posay

このブランド、日本公式ホームページもあって世界中で展開されていますが、フランス発のラボラトリー化粧品メーカーです。

敏感肌のためのスキンケアをモットーにしていて、皮膚科医が薦めるブランドです。  

 

-ラ ロッシュ ポゼ 日本公式ホームページより-

ラ ロッシュ ポゼの製品は、世界で25,000人以上の皮膚科医が採用しています。
ラ ロッシュ ポゼは、皮膚科医との強い協力関係を築き、製品の開発にそのアドバイスを活かしています。また、ラ ロッシュ ポゼ基金では皮膚科学の発展のために、基礎研究や臨床研究を推進しています。
ラ ロッシュ ポゼは、敏感な肌について日々研究を重ね、安全性が高いと考える成分を使用したスキンケア製品の開発を目指しています。敏感な肌の方々が快適に日常を過ごせるようにサポートすることが、私たちブランドの願いです。

 

このLa Roche Posay、こちらではどこの薬局でも取り扱っているほどポピュラーで、しかもお手頃価格。フランス国内だけでなく、ヨーロッパ各国の薬局で取り扱われています。

もちろん品物にもよりますが、基礎化粧品なら10ユーロ前後で買える価格設定。
現地フランス人も使っている人は多いです。

気候や温度、環境の違いで日本でしていたお手入れでは効かず、基礎化粧品探しに困った日本人の多くがこのLa Roche Posayを試し済みとの話しをよく耳にします。

基礎化粧品に困った時は、一度試してみてもいいかもしれませんね。

 

La Roche Posay(ラ ロッシュ ポゼ)

英語公式ホームページ
http://www.laroche-posay.com/International/beauty/home-h.aspx

日本語公式ホームページ
http://www.laroche-posay.jp/

 


 

クロエの香水

フランス旅行の記念に、オリジナルの香水が作れる Fragonard(フラゴナール)

フランスと言えば誰もが知ってるコスメ大国。

その中でも香水はクリスマス商戦前ともなるとすごい数のCMが打たれ、デパートでは特設コーナーなどが設けられいつも以上に販売に強化がかかります。

フランス旅行のお土産で香水を買って帰るのもいいですが、せっかくフランスへ遊びに来たのなら記念にオリジナルの香水を作ってみてはいかがでしょうか。

Fragonard」(フラゴナール)という香水メーカーでは、自分で選んだ香りを調合してもらい世界に一つだけのオリジナル香水をつくることが出来ます。

ニース旧市街にも店舗はありますが、本店(本社)は「Grasse」(グラース)というニース近郊の町で、ニースから半日(または1日)観光などでバスが用意されています。

ニース近郊では、国際映画祭が開かれる場所で有名なCannes(カンヌ)、Eze(エズ)、少し離れてMarseille(マルセーユ)、そしてもちろんParis(パリ)にも直営店がありますので、時間に余裕の無い方はお近くの店舗を探してみてくださいね。

オリジナルの香水が作れるフラゴナール
(店内の写真はHPよりニース店のものをお借りしました)

香水が並ぶフラゴナール店内

雑貨も取り揃えてるフラゴナール店内

こちらの写真はニース店のもの。
香水だけでなく雑貨も扱っていて、店内に入るととてもいい香りがします。

香水好きな方は是非一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

時間に余裕のある方は、半日・1日観光をおすすめします。
ニース市内中心部にツーリストオフィスがあり、そこで申し込むことができます。

 

Fragonard

https://www.fragonard.com/en/
Boutique Fragonard, Nice 11, Cours Saleya, Nice, France
(ニース旧市街のメイン広場「コルサレーヤ広場」にあります)

       

この情報は2014年3月時点のものです。


 

GAPとCorte Ingles

GAP上陸!スペイン一の百貨店「El Corte Ingles」(エル・コルテ・イングレス)で店舗展開開始!

昨年末からいつかいつかと気になっていたニュース、日本でもお馴染みのカジュアルブランド「Gap」 とスペインが誇る百貨店 「El Corte Ingles」 (エル・コルテ・イングレス)のスペイン展開プロジェクト。

とうとうBarcelona(バルセロナ)でオープンを迎え、敷地面積は400m²とか。  

gap

発表によると、バルセロナの後はMadrid(マドリード)、Bilbao(ビルバオ)、Valencia(バレンシア)など他都市での展開が続くようです。

百貨店「El Corte Ingles」以外では、スペイン地中海沿いの都市Málaga(マラガ)の空港にもオープンした模様。地中海を求めてたくさんの旅行客がやってくるので、その対策でしょうかね。

GAPのホームページにもスペイン上陸を思わせるデザインに。

Gap Espana

参考:スペイン国内ニュース
http://www.modaes.es/empresa/20150312/gap-se-estrena-en-espana-con-el-corte-ingles-como-franquiciado-con-seis-tiendas-en-2015.html    

 

行く度にお気に入りの洋服が見つかる訳ではないんですが、お店の選択肢が1つ増えるという点ではうれしい限りです。

 

El Corte Ingles

https://www.elcorteingles.es/
※スペイン国内にて展開しています

 

この情報は2015年3月時点のものです。