carts

スペインで使えるスーパー10選!ばら撒き用のお土産探しにも!

carts

こんにちは!スペイン在住のmikaです。

私がスペインへ越してきて、一番最初にチェックしたのがスーパーマーケットの充実具合です。毎日必要なものですし、その品揃えは気になります。

最初は戸惑ったスーパー探しも、すっかり住み慣れた今は用途によってお店を使い分けるようになりました。飲み物や基本となる食品はこのお店、日用品はここ、品揃えを重視したい時はここ、他国ヨーロッパの商品が欲しい時はここなど。

日常生活には必須のスーパーマーケットですが、旅行のお土産探しにも何かと使えます。日本から友達が遊びに来た時は必ず連れて行ってあげるんですが、毎回とても喜ばれます。バラ撒き用のお菓子からスペインコスメ、オリーブオイルやワインなど多種類のお土産候補が集まるスーパーはお土産探しにもピッタリです。

そんなスペインの使えるスーパー10店をまとめてみました。私の経験でリストアップした10店は、スペイン国内系スーパーだけでなく他国ヨーロッパからの参入スーパーも入っています。

日本とはちょっと違うスペインのスーパーマーケット事情をお楽しみください!

【全国区】スペインの使えるスーパー

スペインのスーパーと言えば・・・というくらい王道なのが、全国展開している「Mercadona」(メルカドーナ)「Supercor」(スーペルコール)です。

1、スペインを代表するスーパー:メルカドーナ

mercadona

スペインで一番多く店舗展開してると言っても過言ではないほど、どの地域へ行っても必ず目につくメルカドーナ(Mercadona)。本当によく見かけます。

安さが魅力でお店独自のプライベートブランドを多く取り扱っているのが特徴です。

食品ではアセンダド(Hacendado)という名前で、消耗品や日用品などはデリプルス(Deliplus)という名前がプライベートブランドにあたります。このDeliplusから出ているリップクリームは軽くて小さくて1つ1ユーロと、バラ撒き用のお土産にもぴったりです。

店舗情報

店名:メルカドーナ(Mercadona)
Web:https://www.mercadona.es/ns/index.php

2、百貨店系列スーパー:スーペルコール(エル・コルテ・イングレス)

supercor

そして、スペイン一を誇る百貨店エル・コルテ・イングレス(El Corte Ingles)の地下に入っているスーパーが路面店化したのがスーペルコール(Supercor)です。

デリや多様なワイン、ヨーロッパ各国の食品がいろいろ揃っています。他のスーパーで見つけられなかった商品も、コルテ・イングレス(もしくは路面店のスーペルコール)へ行ったら見つかった!なんてこともよくあるので、必ずチェックしたいスーパーです。お土産用の高級オリーブオイルなんかも日本の販売価格とは比べものにならないくらい安く手に入ります。

corte-supermercado

百貨店エル・コルテ・イングレスの建物を探さなくとも、路面店のスーペルコールも同じ商品を取り扱っているのでどちらのお店も同じです。ただ、エル・コルテ・イングレスならスーパーとは別のデリショップも併設されているので、そこの商品を見て回るのも楽しいです。

そこのデリショップ内にはラインナップは少ないけれど、醤油・ごま油・乾燥食品・ペットボトルのお茶などの日本食材も置いてあるので、日本食が手に入らない地域にお住いの方はエル・コルテ・イングレスに行くといいかもしれません。

店舗情報

店名:スーペルコール(Supercor)
Web:http://www.supercor.es/

百貨店:エル・コルテ・イングレス(El Corte Ingles)
Web:https://www.elcorteingles.es/

【地域別】スペインの使えるスーパー

続いて地域ごとで展開しているスーパーのご紹介です。

どの地域も過去に私が住んでいた場所で、実際に毎日使っていたスーパーです。地域によって展開しているお店が変わるのが面白いな〜と思っていました。

3、カスティーヤ・レオン州:アリメルカ

alimerka

レオン在住時によく見かけたスーパー、アリメルカ(ALIMERKA)。スペイン北西部でのみ展開しているのか、レオン州以外では見かけたことがありません。

メルカドーナなどの全国区スーパーと掛け合わせてよく利用していました。スペインのスーパーはどこもプライベートブランドが充実しているのですが、このアリメルカもしかりです。

店舗情報

店名:アリメルカ(ALIMERKA)
Web:http://www.alimerka.es/

4、アラゴン州:エラルボル(El Árbol)

el-arbol

スペイン中央部、首都マドリードと第二の都市バルセロナの中間に位置するのがアラゴン州。この州の州都であるサラゴサ在住時には、エラルボル(El Árbol)というスーパーにお世話になりました。

このお店で気に入ってたところは、お店のロゴが入ったショッピングバッグの他にもう1つ、ゴロゴロと引けるショッピングカートがあること。よくレジの前などで見かける、ショッピングバッグと同じように売られています。しかも2〜3ユーロで激安でした。

ショッピングバッグはどのお店でも独自のものを販売していますが、独自のショッピングカートを売っているお店はエラルボル以外に見かけたことはありません。天下のエル・コルテ・イングレス(またはスーペルコール)でもそんなお得な便利品は置いていません。

また、お店にもよるのかもしれませんがサラゴサ中心部にあるエラルボルでは、調理器具や生活雑貨なども売られていて、わざわざコルテ・イングレスやカルフールまで行かずに済んで便利でした。

店舗情報

店名:エラルボル(El Árbol)
Web:http://www.grupoelarbol.com/

5、バレンシア州:コンスム(Consum)

consum

バレンシア発祥のスーパー、コンスム(Consum)

全国区スーパー代表でもあるメルカドーナも同じくバレンシア発祥。バレンシア州ではコンスムとメルカドーナの2店舗をとにかくよく見かけます。

プライベート商品しか並ばない印象のメルカドーナに比べると、コンスムの方がオリジナルブランドを多く取り扱っていたり調理器具なども置いてあるので、選択肢の幅は広がります

店舗情報

店名:コンスム(Consum)
Web:http://www.consum.es/

【外資系】他国ヨーロッパからの参入スーパー

スペインにはフランスやドイツなどの他国ヨーロッパから参入しているスーパーも少なくありません。その国ごとの美味しいものが簡単に手に入るので、毎日のベーシックアイテムにプラスして楽しんでいます。

6、フランス系:何でも揃うスーパー、カルフール(Carrefour)

carrefour

私が個人的にいつもお世話になってるのが、カルフール(Carrefour)です。ここでは生活に必要なものが全て揃います

冷蔵庫・洗濯機・コンロ・掃除機・オーブンをはじめとした大型・小型の電化製品、携帯、書籍、文房具、車雑貨、ガーデニング雑貨、家具、洋服、靴、食器、調理器具、ボディソープ・シャンプーなどの日用品、食品、掃除用具、ペット雑貨や餌と、文字どおり全ての商品が揃っています。

他のスーパーに比べて全ての商品が安いかというとそうでもないんですが、近場のスーパーを安さで選んで何件もはしごするより、10センチモ(スペイン語でセント:日本でいう10円)くらい高くついても1つの場所で全て揃う方が時間の効率がいいと思われる方には強い味方です。

私のおすすめは各国のチーズ。フランス・イタリア・イギリス・オランダなどのチーズがたくさん揃い、特にフランスのクリーミーなチーズは行く度に買ってしまいます。

店舗情報

店名:カルフール(Carrefour)
Web:http://www.carrefour.es/

7、フランス系:カルフールの簡易版、アルカンポ

alcampo

カルフールに続いてのフランス系スーパー、アルカンポ(Alcampo)。お店のコンセプトはカルフールに似ていて雑貨から食品まで揃うのが特徴ですが、店舗数が少なくあまり見かけません。

そして、アルカンポもカルフールと同じくフランス系スーパーなので、前述したおすすめなフランスのクリーミーチーズはここでも手に入ります。商品の幅は多少違いますが、5〜7種類のチーズアソートが1パック7ユーロとお得でした。

店舗情報

店名:アルカンポ(Alcampo)
Web:http://www.alcampo.es/

8、ドイツ系:美味しいソーセージはここ、リーデル(Lidl)

lidl

 

ドイツ系スーパーで使えるのが、リーデル(Lidl)

定期的に開催している各国フェアは毎回お客さんが大殺到。フランスフェア・イタリアフェアではそれぞれのチーズやワインがお買い得価格で並び、アジアンフェアでは日本食材や中華・オリエンタルな食材が置かれていたり、抹茶アイスなども売られていたりします。

そして、リーデルといえば!パリッポリッなウィンナーが買えるお店です!

スペイン在住日本人から絶大な人気を誇り、ファンが多いのも納得。日本で食べいた「シャウエッ○ン・ウィンナー」のような、あのパリッポリッな食感が味わえるものって他ではほとんど売られていません。

店舗情報

店名:リーデル(Lidl)
Web:http://www.lidl.es/

9、ドイツ系:クロワッサンが美味しい、アルディ(Aldi)

aldi

リーデルに続いてドイツ系スーパーで人気の高い、アルディ(Aldi)

お買い得な価格設定のリーデルよりもさらに安く、主婦の強い味方です。

私がアルディでおすすめしたいのは、何と言ってもクロワッサン!さっくさくでバターの香りたっぷりなクロワッサンが1つ30センチモ(日本円で40円ほど)と、とにかく安くて美味しい!このクオリティでこの価格!最初は何かの間違いかと思ったくらいです。

スペインのクロワッサンはさくさくじゃなくてふわふわしたパンって感じ。フランス在住時に食べていたような、さっくさくで空気をたっぷり含んだクロワッサンは貴重です。

それともう一つおすすめなのが、野菜コーナーにひっそりと置いてある椎茸。新鮮さ・大きさ・値段も合格点なシイタケは、1パック1.5ユーロとアルディが一番安かったです。ここでシイタケを買うようになってから、和食の幅が広がりました。

店舗情報

店名:アルディ(Aldi)
Web:https://www.aldi.es/

10、スウェーデン系:たらこペースト目的で、イケア(IKEA)

ikea

リーズナブルでおしゃれな家具が揃い、人気の高いイケア(IKEA)

この記事はスーパーの紹介で、イケアは家具屋さんじゃないの?と思われた方も少なくないかもしれません。確かにイケアは家具屋さんです。でも、このイケアの中に入っている小さなデリショップが意外と使えるのでリストアップさせていただきました!

この店内で一番のおすすめは、チューブ式のたらこペーストです。このペーストがあれば日本で食べていたようなたらこパスタが自宅で簡単にできちゃいます!

海外在住者の間では知る人ぞ知る隠れ技で、私も実際に購入しています。たらこパスタ以外にもお好み焼きのタネに混ぜて「たらこ餅チーズ味」にしたりして、生たらこを楽しんでいます。チューブ式なので使いたい分だけ出して、しっかり蓋を閉めれば衛生的にも安心です。とはいえ生物なので開封後の消費はお早めに!

店舗情報

店名:イケア(IKEA)
Web:http://www.ikea.com/es/es/catalog/categories/departments/food/

まとめ

いかがでしたか?

スペインのスーパーと言っても地域別・国内系・外資系と、それぞれに違う色や特徴があって面白いですよね。

毎日行くスーパーだけに同じものばかりで飽きてしまう。そんな時はフランス系・ドイツ系スーパーとの組み合わせでバリエーションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スペインへ旅行される方もぜひ、旅のスケジュールに「スーパーで買い物」をコースに入れてみては?探してたお土産が一気に買えるかもしれませんよ!


 

brexit3

BREXIT? イギリス人と英国以外のEU諸国で結婚したらどうなる?

brexit3

国際結婚について長く気になっていたことがやっと解決されました。

といっても、国によって法律やルールが異なるので国際結婚と一括りにはできないのですが、今回は英国人パートナーとの婚姻についてを記しておきたいと思います。

*入籍する際の詳しい手続きや婚姻届の書き方などは長くなるので別途記事にしていきますのでお待ちくださいね。

英国人とフランスで入籍

私の夫はイギリス生まれ・スペイン育ちのイギリス人です。

ご両親がそれぞれイギリス人・フランス人で、彼は両国籍を持っています。そして入籍したとき私たちはフランスに住んでいました。

婚姻届はフランスのルールに従って用意したものを在仏日本大使館へ提出し、その後日本の区役所にも現地で婚姻したことを報告しています。

他国で婚姻届を出しても英国では独身のまま?

私が不安に思っていたのは、「たとえフランス・日本で婚姻している状態でもイギリスから見たら彼はまだ独身のままである」ことです。

私と同じようにイギリス人配偶者を持つ友人に、「イギリスでは結婚した事実がないから私たちは婚姻関係にない。夫ではなくパートナーになる」という話しを聞き、びっくりしたのと同時にすごく焦りました。

私たちは婚姻してから数年が経っていたので、今から急いでイギリスの手続きに走っても遅すぎて受け付けてもらえないんじゃないか・・・という不安がよぎったのです。

他国で婚姻した場合、英国へ報告の義務はない?

wedding

前にも書きましたが、私たちはフランス在住時に婚姻届を提出しています。

在仏日本大使館へ婚姻届を提出し無事に受理されたらおしまい、ではなく、次は日本側へその事実を報告しなければなりません。日本以外での婚姻について「現地で婚姻届が受理されてから3ヶ月以内に日本へ報告すること」と、日本の法律で義務付けられているものです。

そう、日本ヘは報告の義務がある。じゃあイギリスへの報告は?夫はフランスの国籍も持っているけれど、第一国籍であるイギリスへの手続きも必要なのでは?

この疑問を抱えたまま今に至ることになります。

入籍直後に彼の働き方が変わり、フランスに住んでいるものの1年の2/3は彼のみ国外という生活スタイルが3年続きました。結局今まで時間が取れなかったりで、あっという間に数年が経ってしまったのです。(時間の経過が早すぎてめまいしそう・・・)

そしてとうとう、在スペイン英国大使館へ問い合わせてみました。

イギリス大使館からの返答

 

私たちが聞いたのはシンプルに2つの質問です。

  1. イギリス以外の国で婚姻届を提出した場合、イギリスへの報告は必要か。
  2. であればどのような手順を踏めばいいのか。

それに対するイギリス大使館からの返答は一言。

イギリスへの報告義務は一切なし

・・・え? 本当?

と思うかもしれませんが、本当に必要ないんだそうです。

この数年間、彼のご両親にも何度となく質問しその度に「必要ない」とは言われていたものの、本当に報告すらしなくていいのかと信じきれませんでした。

必要なかったのはお義父さんたちが婚姻した時代の話しで、30年経った今は法律が変わっているかもしれない。そう何度も主張し大使館への確認を迫っていたのに、やっぱり本当に要らないんですって。(お義父さん疑ったりしてごめんなさい!)

で、どうして必要ないのかというと・・・

イギリスには戸籍という概念がない

signature

日本には戸籍というものが存在します。

住民票ではなく戸籍謄本の方ですね。籍を入れたり外したり、子供が生まれたり養子を迎えたりする時には必ず内容の更新が必要になるアレです。日本人にはおなじみのシステムですが、英国ににはこの戸籍という概念が存在しません。

よって、イギリス国外で結婚されても他国に住んでいる以上、婚姻したことを母国(イギリス)へ報告する必要がないということです。

この場合「イギリス国外に住んでいる」ということが重要です。

私たちのケースでは下の3条件が重なります。

  1. 「イギリス国籍を持つ人」と
  2. 「イギリス国外で結婚」し
  3. 「イギリス国外で生活している」

これがイギリス国内で生活している場合は別です。

たとえ上の1・2が当てはまっていても、「イギリス国内で生活をする場合は婚姻を証明できる書類が必要になる」と大使館の方から補足を受けました。

では、今はイギリス国外に住んでいるけれど、これからイギリスでの生活を計画している人はどうなるのでしょうか。

どの国であっても、婚姻届を出しているなら大丈夫

 

 

たとえイギリス国外で婚姻をし他国で生活していたとしても、イギリス人パートナーの母国で暮らす可能性だって考えられます。

その場合はどうなるのでしょうか。私たちが今置かれている状況ではないけれども今後あるかもしれない・・・と思い、合わせて聞いてみました。

大使館からの返答はこうです。

どの国で入籍していても、婚姻届を出した国の婚姻証明がイギリス国内でも正式な証明書として使える」ということ。

なんだか少し解りにくいかもしれませんが、私たちのケースで言い換えると・・・

  • フランスで入籍し受理された婚姻証明(家族手帳)
  • もしくは婚姻が受理された後の日本の戸籍謄本

があれば、イギリス国内で使える正式な証明書になるということです。

もちろんイギリス国内で翻訳が必要になるんだろうとは思いますが、元になる書類がそもそもイギリス国内で受理されないものだったら意味がありませんからね。その点、日本へ婚姻届を出しているなら大丈夫ですね。

P.S イギリス国籍の夫、BREXITでビザが必要?

brexit1

さいごに、婚姻の申請とは全く関係ないんだけれどヨーロッパ他国に住む多くのイギリス人が気になる「あの話題」をあわせて聞いてみました。

先日の国民投票の結果で賛成派が半数を超した「BREXIT」(イギリスがEUから抜ける案)についてです。

聞きたかったのは2つ、特に2つめは重要です。

  1. BREXITの行方は?
  2. 英国以外のEU諸国に住んでいる場合、今後ビザが必要になるか

ですが・・・、やはりまだ詳しいところははっきりしていないそうです。

もしイギリス人にもビザが発行されるようになったら、今のようにスペインには住んでいられなくなるのかなぁと思ったんですが・・・。

今は「EU諸国の国籍を持つ人はEU圏内ならばどの国でも居住できる」というルールのもと、スペインで生活している私たちにとって、BREXITは将来を左右される出来事となりそうです。

この情報は2016年8月時点のものです。


 

japanese-pumpkin-image

完全版!スペインで日本のかぼちゃを作る!甘いホクホク南瓜を目指して実験してみました

 

japanese-pumpkin-image

スペイン・フランスで生活していた(いる)中で、日常的に使えてどうしても欲しかった野菜が日本の栗かぼちゃです。

どんなに探しても出会ったことはありません。栗かぼちゃに似ている「Petit marron」(プティ・マロン)という品種はBioショップやオーガニックスーパーなどで見かけたこともありますが、やっぱり食感と甘みがちょっと違います。

スペインで主流なかぼちゃは果皮が白っぽい大振りなタイプで果肉は少し水っぽいです。水気がある分、調理過程で水分が蒸発するオーブン焼きには合っていますが、和食のかぼちゃ煮をしようとすると、果肉がびしゃびしゃになって失敗します。

そんなことを思い続けながら6年・・・。知り合いの畑を一部間借りさせてもらえることになり、自分たちでかぼちゃを栽培してみることにしました。種は日本から持ち込んだものです。

栗えびすと坊ちゃんかぼちゃ

日本から持ち込んだ種は2種類で、栗えびすと手のひらサイズの坊ちゃんかぼちゃ。

栗えびすは日本で流通している主な品種です。かぼちゃと聞いてすぐにイメージが浮かぶ、スーパーで売られているほとんどのかぼちゃはこの栗えびすです。

一方、坊ちゃんかぼちゃは小柄というか小粒で手のひらサイズ。栗えびすよりもさらに味が濃く、1つが小さめだから調理するにも使い切りができて便利だと聞きました。推薦者は友達のお母さんです。

kabocha-planting-seeds1

 

かぼちゃを育てる4つのポイント

品種・種類に関わらず、かぼちゃの栽培で共通するのが4つのポイントです。 乾燥に強くて日当たりを好むって、まさにスペインの気候にぴったり!

  1. 乾燥に強く過湿に弱い 
  2. 酸性を嫌う性質なので堆肥に石灰と混ぜ中和させる
  3. 日当たりのいい場所で発育させる
  4. 苗と苗の間に十分なスペースをとってウドンコ病対策をする

*苗と苗が近くすぎると蒸れてウドンコ病が発生します
*ウドンコ病になっても病気の部分を切除すれば実は食べられます

次に、実際の栽培方法を説明していきます。

スペインで栗かぼちゃを育てる

日本とは気候・土壌・水質が異なるスペインで、日本のかぼちゃが実らせることができるでしょうか。2種類のかぼちゃ、栗えびすと坊ちゃんかぼちゃで自ら実験してみました。

今回は、より一般的な栗えびすの育て方を記していきたいと思います。

栗えびすの特徴

  • 果重:1.5kg前後
  • 果肉:濃黄色で厚い。
  • 食味:粉質でホクホク。
  • 収穫:開花後42日~47日で完熟期を迎える。

栗えびすの種蒔き・収穫時期(目安)

<一般平暖地>
育苗:3月~4月末まで
収穫:6月下旬~8月下旬

<冷涼地>
育苗:4月~5月中旬まで
収穫:7月中旬~9月上旬

と、このような説明が袋に書いてあります。地中海気候で天気も気温も恵まれた環境にあるバレンシアは、一般温暖地と同じと判断しました。

育苗時期の日中の最高気温は日本の一般平暖地よりも若干高めですが、朝晩は冷え込みます。なので一般平暖地の育苗期間の後半近く、4月上旬に種蒔きを始めました。

kabocha-planting-seeds2

 

かぼちゃ栽培の土台作り

  • うね幅2m、苗間1mで種をまく算段で土づくりをします。
  • 直径30cm、高さ3cmの円錐形に盛り上げた土の中央に2~3粒の種をまきます。
  • 成長してつるが伸びて来たら、間引きと制枝をします。
    (サイトによって方法が異なるのでご自身で納得した方法を採用してください)
  • 堆肥や追肥を適宜行います。

種蒔き〜収穫までの様子

下の写真は種蒔き~2ヶ月経過までの様子です。
(画像はクリックすると大きな写真で見られます)

4月16日、畑を耕して種蒔き。

夫の友人が手伝ってくれたので作業が進みました。
うね幅2m、直径30cmの円錐形が作れるような土台作りです。

5月6日、種蒔きから3週間

ぽつぽつと芽が出始めました。
全体的にはあまり変化が感じられませんが、少しずつ発芽しています。

5月20日、種蒔きから5週間

先に発芽したものはぐんぐんと育ってくれています。
全ての種が無事に発芽してくれました。

6月3日、種蒔きから7週間

青々と育ち、葉も茎もだいぶしっかりしてきました。
甘みを強く引き出すため、水やりは最低限に。この時点で花が咲き、下部にかぼちゃの赤ちゃんらしきものが実ってきました。この部分が大きくなってかぼちゃに育っていきます。

 

このかぼちゃの赤ちゃんらしきものですが、その後のかぼちゃの発育を妨げるので可哀想ですがそれぞれの株から一番果のみ摘み取ります

6月14日、種蒔きから2ヶ月

種蒔きから2ヶ月が経ちました。
こんなに大きく育ち、かぼちゃの赤ちゃんが目に見えるようになりました。

6月25日、種蒔きから2ヶ月と10日

10日前には赤ちゃんだった身がだいぶ大きくなりました。こうして見るとスイカの外皮に似ていて、同じウリ科なんだと改めて思いました。
写真上段の2つが栗かぼちゃで、下段2つが手のひらサイズの坊ちゃんかぼちゃです。

7月25日、収穫(種蒔きから3ヶ月と10日)

かぼちゃの収穫は開花してから35日で可食期を迎え、完熟は開花後42〜47日での収穫を目安とします。私たちが収穫したのは少し遅めで開花後52日目でした。

収穫後は4週間寝かせる

やっと収穫までたどり着いたかぼちゃですが、食すまでにはまだまだ時間をかけます。

収穫後は4週間ほど放置し、かぼちゃ果肉のでんぷん質を糖化させて甘みを引きだします。いつ収穫したかが分かるようにそれぞれのグループにラベルを貼りました。

9月1日、試食①(収穫から5週間)

7月25日に収穫し、5週間寝かせました。
まずはかぼちゃのホクホク感を楽しむために、オーソドックスなかぼちゃ煮を。そしてかぼちゃ本来の甘みを味わうためにかぼちゃサラダで。この日はかぼちゃづくしの夕食になりました。

9月3日、試食②

次の試食メニューはかぼちゃグラタン。
かぼちゃの甘みとホクホク感がたまりません。今回はかさを増すためにジャガイモも入れたんですが、次回は大きめのかぼちゃ丸ごと1個使って贅沢なかぼちゃグラタンにしてみたいと思います。

まとめ

スペインの気候・土壌・水質でも、日本のかぼちゃが美味しく作れました。

こちらで手にはいるかぼちゃは水気があってオーブン焼き以外にはなかなか適さないんですが、日本のかぼちゃならメイン料理・副菜・デザートと何にでも使えるのがうれしいところです。今年の秋はかぼちゃ三昧!

これに気を良くした夫は、今から来年のかぼちゃ栽培に意欲満々。今回収穫したかぼちゃの種を使って、来年もうまく育ってくれることを期待します!


 

listening

ネットラジオ出演!収録が楽しすぎた【IchibanTalk】海外でがんばる日本人トーク&インタビュー

今はラジオ機器そのものがなくても、いつでもどこでもインターネットでラジオが聞ける時代になりました。

listening

ネットラジオも色々ありますが、そのうちの一つが「Podcast」(ポッドキャスト)と言われるものです。

◆Podcast(ポッドキャスト)って?
ポッドキャスト(Podcast)とは、インターネット上で音声や動画のデータファイルを公開する方法の1つであり、オーディオやビデオでのウェブログ(ブログ)として位置付けられている。インターネットラジオインターネットテレビの一種である。
(参照元:Wikipedia  

このポッドキャストはネット上で視聴することもできますし、聞きたいものだけダウンロードすることもできます。自分のパソコンはもちろん、携帯電話やタブレット、ipodなどの音楽プレーヤーなどに入れて持ち運べば、聞きたい時にいつでも気軽に再生することができます。一度ダウンロードしてしまえば、その都度ネット通信を気にする必要が無いので便利です。

いつも同じ音楽ばかりで飽きてしまう通勤時間やテレビをつけての料理や家事も、このポッドキャストをうまく活用すれば「ながら時間」を楽しく有効に使えます。

そんなポッドキャストのとある番組と、縁あってインタビューのお話しを頂きました。

◆海外在住日本人を応援する番組、IchibanTalk

番組のホスト(司会)をされているのは、アメリカ・カリフォルニア州に住む「Tatsumiさん」。大阪弁が入るとテンションが上がってしまうというTatsumiさんは、なんとアメリカ在住も早28年なんだとか。

カリフォルニアの穏やかな気候、優しい旦那様とかわいいお子さん&愛犬に囲まれる日々を過ごしていたTatsumiさんが始めたのが、ポッドキャストを使った番組「IchibanTalk」。

海外在住日本人を応援すべく、各国の文化や慣習の違い、食事や現地生活の実態など、世界各国で奮闘する日本人をインタビュー形式で発信していらっしゃいます。

[browser-shot url=”https://soundcloud.com/user-687917726-24142680″ width=”600″ height=”400″ alt=”IchibanTalk ポッドキャスト海外でがんばる日本人トーク&インタビュー” target=”_blank”][/browser-shot]

まだ初めて間もないとのことでしたが、日を追うごとに視聴者が増え、すでにTatsumiさんファンも多くいらっしゃいます。

私が出演したのは第23回目。初めてのインタビューだったので収録前は「どんな風に進むんだろう?」と内心ドキドキだったのですが、Tatsumiさんの軽快なトークと絶妙なネタ振りで、収録なのに時間を忘れるくらい話しに花が咲きました。楽しすぎて収録時間をオーバーしてしまいました・・・。笑

スペインから初出場とのことで、世界的に良く言われるシエスタ(お昼寝)やハモン・セラーノ外食事情フランス在住経験ドバイ滞在経験などの話しにも触れています。

こちらがその収録の様子です。自分のインタビューが人に聞かれるのってちょっと恥ずかしいですが、こちらのURLよりご視聴いただけます。

もし気に入って頂けたら、FacebookやTwitterなどでシェアしてもらえるとうれしいです。また、ただ今出演者大募集中のようですよ!

◆出演者・大募集中!自薦&他薦どちらもOK!

froggy-heart

番組では出演して頂ける海外在住日本人を広く募集しています。
ポッドキャストの番組ページにあるように、メールにて直接応募することが可能です。

いきなりメールは・・・と思われる方は、IchibanTalkのFacebookページやTwitterアカウントもありますので、そちらからダイレクトメッセージにて応募することもできます。

私もそうでしたが、特別に面白い話しやとびっきり話題になるようなネタは持っていなくとも、Tatsumiさんの巧みな話術で引き出してくださるので大丈夫です。

海外に住んでいれば在住歴・在住理由は問わないようですので、「私もTatsumiさんと話してみたい!」と思われた方は、ぜひ応募してみてください!

●Facebookページ:facebook.com/ichibantalk
●Twitterアカウント:twitter.com/IchibanTalk
●メールアドレス:ichibantalk@gmail.com

最後に、、、

個人的なメッセージになりますが、Tatsumiさん、ネットラジオ出演という貴重な経験を与えてくださりありがとうございました。本当に楽しくて収録後も個人的にメッセージのやりとりをさせてもらってるくらいです。笑

感謝の言葉を送るとともに、番組「IchibanTalk」を遠くから応援しています。

この情報は2016年5月時点のものです。


 

pc-women

デュプレックスもこれ一台で家中均等にネット環境が保てる!LanケーブルとWi-fi同時使用ができる優れもの

わが家のPiso(アパート)はデュプレックスという2階建て式です。

上の階にキッチンとリビングルーム、下の階は寝室を含んで部屋が3つ。
インターネットはWi-fiを発するルーター経由で、リビングのテレビ下に設置しています。

入居後ネットを設置してから気づいたのですが、リビングのテレビ下とは真逆しかも階層の違う下の階へはWi-fiがうまく行き届かず不安定。上の階にいる分には問題は無いのですが、下の部屋をオフィスにしている夫の仕事に支障がでることが判明しました。

◆ルーターや配線を変えずともネット回線が延長できる!

そこで、市販で買えるPC周辺機器にWi-fiを拡張する便利品を使ってみることに。
物知りな店員さんにお勧めされたのがこの「TP LINK」というメーカーのものです。

TPLink

中に入っているのはプラグに直接差し込む充電器みたいな形をしているものが2つ。片方はルーターへ繋ぎ、もう片方はネットを拡張したい場所(わが家のケースでは下階のオフィス部屋)のプラグへ差し込みます。

メインのルーターからLanケーブルを繋いだ状態でプラグを差し込み、家中に配線されている電気線を通って離れた場所へネットを拡張できるという仕組みです。

TPLink_network

箱に書かれてる図は少し分かりにくいかもしれませんが、中央の壁を境に左側(Room 1)がルーターから接続されてるデバイス、右側(Room 2)がネットを拡張したい場所に置かれたデバイス。

2つのデバイスはともに差し込んだプラグを通して家中の電気線を介してネットを拡張・受信していて、Room 2に設置するデバイスはLanケーブルを使ってデスクトップPCへ繋ぐことも出来ますし、このデバイス自体がWi-fiをも発信してくれますので、お手持ちのノートパソコンやタブレット、携帯やゲーム機などはRoom 2から発信されているWi-fiへ繋げられます。一言でいうと、Room 2ではLanケーブルとWi-fiのどちらでもネット利用が可能になります。

TL-WPA4220KIT-03

Wi-fiだとネット接続が不安定になりやすいので仕事に使うPCはデバイスから直接Lanケーブルで接続したい、でもデスクトップ以外はWi-fiを使いたいというわがままな私たちの希望を叶えてくれた優れものです。

◆類似品に注意!家の形態によって使う仕組みが異なります

そして、、、

似て異なる商品がこちら、「KINKSYS」というメーカーのものです。
見分けがつかないくらい見た目がそっくりで、中に入っているデバイスをプラグへ差し込んでネットを拡張させます。

Linksys

実際に私たちが引っかかったトリックを説明すると、同じネットを拡張する便利品であることには間違いないのですが、その拡張の仕方が大きく異なります。

LINKSYS(青い箱)の方はルーターに繋いだデバイス(1)からネット拡張させたい場所のプラグへ差し込んだデバイス(2)へWi-fiそのものを延長させる方法です。

TP-LINK(緑の箱)の方はそれとは異なって、ルーターに繋いだデバイス(1)からネット拡張させたい場所のプラグへ差し込んだデバイス(2)へは家の電気配線を通ってネットを拡張させ、デバイス(2)から新たにWi-fiを発します。デバイス(2)からのWi-fi接続時はルーター名とパスワードが変わります。

◆家の構造によって使い分けを

通常のアパートや平屋の戸建てなど、ネットを拡張したい場所がルーターのある場所から平坦であれば、青い箱の「LINKSYS」と同じシステムでも十分使えますが、我が家のように上階・下階とに分かれる場合は緑の箱の「TP-LINK」と同様のシステムを使用しないとネット利用に支障が出るそうです。

今回の店員さんはPC周りの知識が豊富な方で色々勉強になりました。前回この人にあたっていればネット不具合でストレスもなく無駄な出費もなくて良かったんですけどね。。

どちらの商品もスペイン国内でチェーン展開されている「Media Markt」(メディアマート)という電化製品店で購入。青い箱「LINKSYS」は72ユーロ、緑の箱「TP-LINK」は60ユーロ程でした。

LanケーブルとWi-fiどちらも使える方が優れものだと思うのにそちらの方が安いというのが不思議ですが、ご自宅の形状と使用目的に合わせてどちらのシステムの方が適しているかが異なりますので、わが家のケースを参考になさってみてください。

TP-LINK

公式サイト:http://www.tp-link.es/
TL-WPA4220KIT (今回購入したシリーズ)

http://www.tp-link.es/products/details/cat-18_TL-WPA4220KIT.html

この情報は2016年3月時点のものです。


 

ママと赤ちゃんの手

色々試して見つけたのがコレ。香りが良くて手荒れが一番少なかった洗剤

日本でもよく言われていますが海外の洗剤ってやっぱり強いです。

特に毎日使う洗剤たちは要注意です。

ヨーロッパでは一般的に食洗機のある家が多いのですが、とはいえ食洗器に入れられない物や食洗器に入りきらない分は手洗いせざるを得ません。

特に寒い冬場はお湯を使ったりするので、手へのダメージはますます大きく。。

少しでも手荒れを防ぐ、色んなメーカーやブランドを試して辿り着いたのがこの洗剤。
PH5.5の中性、アロエベラが配合と書かれている「MISTOL」というブランドです。

手荒れが一番少なかった洗剤、Mistol

ありがちな強い香料とは異なり、ほのかな香りが残る程度で気になりません。
香り自体もさわやかな感じです。

この洗剤に変えてから前ほど手荒れが進行しなくなりました。

他の家事や庭掃除など他にも手を酷使した後はやっぱりひどく荒れますが、それでもまだマシかな・・・。

荒れてしまった後は修復すべく、愛用ハンドクリームでしっかりとケア。

このクリームは今まで使ったハンドクリームとは一線を越えるほど優秀で、ちゃんと「修復」してくれます。私には合っているようで、一度使ってからは浮気できないほどずっと使い続けている逸品です。

ハンドクリームの記事はこちらよりどうぞ
これ以外は使えないほど愛用している「Neal’s Yard」のしっとりハンドクリーム

Neal's Yardの愛用ハンドクリーム

 


 

ミドルシーズン・セール

夏・冬大セールの間にまたセール?!「Mid Season Sale」が使えます!

夏・冬の大セールが終わって懐具合もひと段落した頃、スペインでは「Mid Season Sale」という中間セールのようなものが開催されます。

といっても全てのお店で開催されているわけではなく、お店によって開催の有無や期間が異なり、だいたい10月下旬~11月上中旬頃まで開催してるところが多いようです。

このようなサインが出てるお店はセール開催中です。

ミドルシーズン・セール

このミドルシーズン・セールは、夏・冬大セールの中間時期に落ち込む売上を何とかしようと考えられた対策だそうですよ。

理由はともあれ、季節中のシーズン物がお手頃価格で手に入るなら、私たち顧客にはうれしいですよね。

私は今回のセールでボーダーのワンピースを購入。
こちらはMANGOのもので、30%オフでした。

ブーツに合わせたかったので短すぎず長すぎず、膝が確保できてゆったりとリラックスできるデザインを探していたのでちょうど良かった!

ミドルシーズンセールで獲得したワンピース

大セールと違ってサイズも比較的残っているし、何より今(これから)のシーズンに使えるアイテムが安く買えるし、この時期のセールは意外と使えますよ。

よく行くお店は要チェックです!

 

この情報は2015年10月時点のものです。


 

梅干しなんて贅沢品!おいしい白米が炊き放題

スイッチを押したら爆発?!スーツケースで持ち帰ってきた日本の炊飯器の後継者

昨年の秋、久しぶりに帰った日本で持ち帰ってきた一番の目玉はコレ。

日本製の炊飯器です。

日本からスーツケースで持ち帰った炊飯器

 

象印のもので、高さ19cm、幅23cm、奥行30cmの小型炊飯器。
三合まで炊けるサイズです。(写真はホームページよりお借りしました)

このモデルは、小さいのにすごく優秀でパンの発酵どころか焼けちゃいます。
ホームベーカリーが欲しかった私は、この追加機能にとても惹かれました。

スーツケースに入れて帰るというミッションだったので、実際のサイズはもちろんですが外箱の大きさも考慮してかなり慎重に選びました。

重さ2.7kgと重量はかさみますが、なんせ久しぶりの帰国。次はいつになるか分からないことを考えると実行する価値ありです。

そして、、、

無事に持ち帰ってきた炊飯器を期待たっぷりで試してみることに!

こちらで安価に手に入る寿司用のなんちゃら米ではなく、ちゃんと日本の銘柄(イタリアで生産されてますが・・・)を使って。

他のお米に比べるとお値段は張りますが、月1ほどしか炊かない我が家ではお米はご馳走の一つ。若干値が張っても美味しい白米を頂きたいね、ということで。
なぜかお米の違いが分かってしまう&炊き加減にうるさい夫の趣味でもあります。笑

期待感たっぷりでスイッチを押した瞬間、「ピロリロリロ~」と日本の炊飯器独特のメロディーが流れ、炊飯メニューが始まりました。

その後、15分くらい経過した頃に炊飯器の様子を見に行くも、どうも動いている気配がありません。。

夫を呼び、2人であーでもないこーでもないとやっていると、「ボンッ!!!」という爆発音がなったと同時に変圧器から青い火花が出て、その瞬間に電気のブレーカーが落ちました・・・。

一瞬の出来事だったんですが、直感で「この炊飯器もう使えない」とい雰囲気を感じ取りましたが、ダメ元で次の日、もう少しお値段の張る変圧器を買って再度試してみるも、電源すら入りません。。。

期待たっぷりで持って帰ってきた炊飯器、ショックが大きすぎて立ち直れず・・・。

その後、、、

数週間過ぎた頃くらいに、たわいもない話の流れでAmazonで炊飯器を調べてみることに。もちろん、ヨーロッパ仕様のプラグが使われているものです。

興味本位で、日本で購入したのと同じメーカー・同じ品番を調べてみたらびっくり。
お値段なんと、700ユーロ弱。。。
あまりの値段に開いた口が塞がらず。。。(でもプラグはヨーロッパ仕様!)

そんな値段は手が出せないので、次にヨーロッパメーカーで日本の炊飯器に近い形・機能を探してみたら良さげなものを発見。

こちら、ご存知の方も多い「Tefal」。

全く買う予定ではなかったのですが、年明けセールで値段が下がっていたこともあり、うっかりお買い上げしてしまいました。。

新調したヨーロッパ用プラグの炊飯器

我が家に改めて仲間入りした新しい炊飯器。

肉・魚などの煮込み料理はもちろん、焼き菓子なども作れるという優れもので、お米は五合まで炊けます。

今度こそは!と試しに炊いてみるも、これが意外になかなかいい感じ。

日本の拘りたっぷりな高級炊飯器とは比べ物にならないとは思いますが、少ない選択肢でまかなわなければならない海外生活では十分すぎるほどの働きをしてくれます。もちろん炊飯後の保温、タイマーでの予約炊飯も可能です。

これに気を良くした我が家では、お米を炊くのも随分楽になりました。

今までずーーっと、毎回鍋で炊いていたんです。
鍋から離れられないし、他の調理と同時進行しているとつい忘れがちになるんですよね。。
何せめんどくさいのでお米を炊く機会が自然と減っていました。。笑

それがこの炊飯器のおかげで気軽に予約炊飯できるように!この進歩は大きい!!

ということで、早速おにぎりでも作っておいしく頂きたいと思います。^^

たまに無性にたべたくなるおにぎり

この情報は2015年1月時点のものです。


 

軟水器を使った効果が一番高かったシャワー

硬水を軟水に変える!髪への変化が一番大きかった「軟水機」

bath-shower

ヨーロッパの水は硬いと言われているのはご存知の方も多いと思います。

飲料のミネラルウォーターは硬水だとミネラルやカルシウムが入っているので体にいいと言われていますが、その硬水がシャワーになると話は別。私の場合、スペインで生活するようになってからお水の違いで一番ダメージを受けたのが髪の毛でした。

今日はこの硬水を軟水に変える方法をご紹介します。

効果は予想以上で、あんなにひどかった髪のダメージが驚くほどなくなりました。

硬水で洗うと髪がギシギシになる

ヨーロッパに行かれた経験のある方は思い当たるのではないでしょうか。

日本から持参してきたシャンプーがあまり泡立たない。日本で毎日使っている同じブランドのものなのに、うまく泡立たないしシャンプー後の仕上がりがちょっと違う。

それはきっとお水の違いです。

日本はとてもやわらかい軟水で、シャンプーしている最中の手触りもやわらかい。でもこちらヨーロッパのお水は硬くてシャンプー中でさえ髪がギシギシするような、つっかかる感じ。

私はスペインでの生活を始めてから、毎日シャワーを浴びるたびにパサパサになっていく髪とカピカピになる肌に恐怖を覚えていきました。始まったばかりのスペイン生活、これから先どうしよう・・・と。ダメージを避けるために髪は毎日洗わないようにしたこともあります。

痛みすぎて地毛がこげ茶に

どれだけのダメージだったかと言うと、まず、真っ黒だった地毛がこげ茶になりました。(黒々しい地毛が嫌だった私は日本にいた頃はカラーリングでこげ茶にしていたので、その点だけでいうならまぁ良かったとも言えるんですが・・・)

毛先だけでなく全体的にギシギシのパサパサで髪は落ち着かなくてボリューム満点。髪が絡んでブラシが通らなかったり、毛先の傷んだ部分が絡み合って小さなダンゴのようにもなったりしました。

シャンプーやトリートメントを変えたり、オイルをつけたり、髪にいいと言われていることは一通り試したと思います。そして、試行錯誤を繰り返すこと3年。今まで何をしても変わらず改善の兆しさえ見えなかった私の髪に、ある日異変を感じたのです。

硬水をやわらかい軟水に変える、軟水機

お水が変わったら悩んでいた髪の毛のトラブルが全部なくなった・・・。

日本に一時帰国するといつも思うことです。シャワー中のなめらかでやわらかいお水の感覚は忘れられません。

ある日、このうれしい異変が起こりました。日本へ帰ったわけでも魔法を使ったわけではありません。いろいろ調べて突き止めた硬水を軟水に変える機械(軟水機)を導入しただけです。

軟水機:Descalcificador(デスカルスィフィカドル)

これがその軟水機、スペイン語では「Descalcificador」(デスカルスィフィカドル)です。

water-soften

高さ120cm程度・横40cmほどのスリムな形をしていて、機械というより米びつのような外観。見た目だけでなく仕組みもとてもシンプルです。この軟水機の中に専用の塩を入れるだけ。たった入れるだけ、です。

えっ?そんなことで軟水になるの?!と、半信半疑になりますよね。私も今でも不思議に思っていますが、これが予想以上にいい仕事をしてくれます。

使い方は簡単、専用の塩を入れるだけ

この青い袋が専用の塩で、ホームセンターなどで売られています。私たちは家から近いということもあって、フランスやスペインで店舗展開されているホームセンター「LEROY MERLIN」で購入することが多いです。1袋25kgで8ユーロほどでした。

water-softner-solt

軟水機の使い方は簡単。この塩を軟水機の中に入れるだけ、本当にこれだけなんです。
(中の塩がほぼ無くなった状態で大きな25kgの袋1つ分が入りました)

Water-soften2

軟水機の効果は予想以上!

この軟水機を使うようになってから、あれだけ気になっていたシャンプー後のギシギシ感も、カピカピした体の乾燥感も気にならなくなりました。

シャワーを浴びている最中の水の感触がやわらかく、軟水機を使った初日からその違いがはっきりとわかるくらいです。日本でシャワーを浴びるときのお水の感覚と同じでちょっと感動しました。

さらに、うれしいおまけも。

軟水になったらカルキの付着がなくなった

わが家では浴室だけでなく家で使う全ての水はこの軟水機を通る仕組みになっていました。そのため、洗濯機や食器洗浄機などに使われる水も全てこの軟水機を通っているので軟水です。

今まで住んできた家々と比べると、硬水のヨーロッパで一般的に見かける浴槽やシャワーブースなどの水回りに白く溜まるカルキの付着が圧倒的に少なくなりました。

洗濯機や食器洗浄機など、カルキを排除するために専用のクリーナーなどを使用する頻度も激減しました。また、食器洗浄機へ定期的に入れる塩の減りも少なかったです。

軟水機は電気系・塩系の2タイプ

この優れものの軟水機には電気系・塩系の2通りのタイプがあります。

塩タイプは99%のカルキを排除(商品外箱に表示)とありますが、機械そのものが大きい。また、水源の近くに設置する必要があるので場所もスペースも条件が出てきてしまうデメリットがあります。

それと比べて電気系の方はカルキ排除率は劣るものの、小型で使用したい場所へ簡単に設置できます。塩を補充する必要がないので、定期的に塩を購入したり補充したりする手間は省かれます。

それぞれのメリット・デメリット

 電気系塩系
大きさ小型大型
カルキ排除率塩系に劣る99%排除
メンテナンス手軽定期的に必要(塩の補充)
ランニングコストなし塩の購入
軟水機の金額500〜600ユーロ500〜800ユーロ
設置にかかる費用なし
(小型なので自分でできる)
300〜500ユーロ
(工事必須・設置場所による)
設置できる家の構造マンション向き戸建向き
設置する場所シンクの下テラス・庭・機械ルームなど

(引用元:LEROY MERLINでの見積もり内容)

条件によって軟水機を選ぶ

実際に軟水機を選ぶ際は、家の種類や構造(間取り)によって注意が必要です。上の表を比較すると、電気タイプ・塩タイプそれぞれに一長一短があり、家の条件によって選べる種類も変わってきます。

私個人的には、軟水機を設置できるスペースがあるならば塩系を選びます。サイズは大きいし塩を買う手間やランニングコストはかかりますが、カルキ除去率の高さを取ります。

アパートなどスペースがなくて設置できない場合でも軟水機を設置できるのが電気系です。これだとバスルーむだけ、台所だけといったピンポイントな場所で使えるので、家で使う全ての水を軟水にできなくともせめてシャワーを使うバスルームだけは何とかしたい!というケースでも使えます。

飲料用はミネラルウォーター、超軟水の「BEZOYA」

家で使う全ての水が軟水になったとしても、飲料用にはそのまま使いません。

わが家では飲料用・料理用で使うのはミネラルウォーターです。お水をろ過するBRITAというのも使っていますが、私は味が好きでないから普段飲みには使っていません。夫は気にならないようでBRITAでろ過したお水を普通に飲んでいます。

私が愛飲しているミネラルウォーターはこちらの「BEZOYA」(ベソヤ)。

日本の軟水に似てる硬度のBezoya
(写真:メーカーホームページより)

このBEZOYAはどのスーパーでも手に入る一般的なものです。スペインの代表的なスーパー「Mercadona」(メルカドーナ)でも売られています。

なぜこのお水を指名買いしているのかというと、スペイン国内で一般的に売られているお水の中で一番軟水だと思うからです。ラベルには超軟水を意味する「Muy debil」という文字と、赤ちゃんのミルク用に推薦されていることが書かれています。

もともとミネラルウォーターでも硬水が苦手な私は、スペイン生活でも軟水を探し求めていました。今まで軟水と書かれているお水を片っ端から試しましたが、やっぱりどれもまだ硬水の味がして好きになれなかったんです。

でも、このBEZOYAは違いました。飲んだ瞬間の感想が「日本のお水に近い」です。それからというもの、わが家ではBEZOYAの指名買いです。

さいごに

たかがお水なのにそんなに気になるの?!と思われるかもしれませんが、硬水とともに生活するとなると気になりますね。たかがお水、されどお水です。

毎日使うものだからこそ大きな違いとなって生活に影響してきます。肌に髪に機械にやさしくてその効果が絶大ともなれば、もう軟水機なしでの生活は考えられません。

硬水のダメージを何とかしたい!という方は「Descalcificador」(英語だとWater softener)でググってみてください。記事に掲載した写真と同じようなものが出てきますよ。

この情報は2015年11月時点のものです。


 

ブルシェッタも簡単に焼けます

これで気軽にオープンサンドが焼ける!日本風の横型トースター

海外で生活するようになってから当たり前に使っていた日本のキッチン家電の快適さを実感したのがこれ、日本ではお馴染みの「横型トースター」。

ずっと欲しかった日本スタイルのトースター

何をそんな興奮気味に?と思われる方もいらっしゃるかと思うので少し説明を・・・。

こちらヨーロッパでは、トースターと言えば、縦型のパンが焼けたらポンッと跳ね上がるタイプのものが主流です。

どの家庭でもこんな形のトースター

見た目はかわいいのですが、日本の横型トースターで慣れていたいた私にはオープンサンドが焼けなくて使いにくいな・・・と思っていたんです。

食パンにトマトソース&チーズを振りかけてPizza風トーストにしたり、お惣菜パンを温めたり、アルミホイルを使った料理でホイル焼きが作れたり、1人分用の調理が簡単かつ早くできるのが横型トースターのいいところ。

こちらでは各家庭のキッチンにオーブンが設置されているのは当たり前で、どの家も基本的に大きいオーブンを使います。

が、大家族でもなく私1人分のランチを用意するためだけにオーブンを使うのは、エネルギーの無駄遣いをしているような気がして後ろめたい。。たった一切れの食パンをPizza風トーストにするためだけに、オーブンを予熱して・・・は、ちょっと気が引けます。

事あるごとに私がその話しをするので、もちろん夫も横型トースターの便利さは理解済み。

何回か購入を試みようとしたんですが、家電店では取扱っていなかったり、オーブンの一種で小ぶりではあるけれどもトースターとしてはかなり大型だったり、Amazonなどのオンラインでは製品の内装など詳しいところまでは見て確認できず・・・など、購入に至れませんでした。

そんなある日、たまたま行った近所のCarrefour(カルフール)でちょうどいい大きさの横型トースターが売られているのを発見。お値段27ユーロほどと安かったので、試しに購入してみました。

これが、予想以上に快適です。

縦型トースターではクロワッサンは必ず真ん中で割って上下半分にしてからじゃないと焼けなかったのが、横型トースターでは丸ごと入れますし総菜パンも気軽に3分温めるだけ。

こんなPizza風トーストや、フランクフルトの惣菜パンも楽々です。

ブルシェッタも簡単に焼けます

ホットドッグだって簡単に!

あまりの快適さに買ってよかったな~と本心で思えるキッチングッズでした。

 


 

people-eye

最新技術はシリコン製!お薦めコンタクトレンズ2品のレビュー

people-eye

目が悪いと何かと不便なことが多いです。

私は裸眼だと輪郭しか分からないほどの視力なので、普段はソフトコンタクトレンズを使用しています。

私が長年使っていたコンタクトレンズはチバビジョンの「PRECISION UV」。2週間用の使い捨てレンズです。UV効果のある使い捨てレンズはあまり種類がなく重宝していたのですが、残念なことに今はもう生産中止となってしまいました。

precisionUV

製造中止となれば新たなレンズに変えざるをえません。

せっかく慣れたレンズを変えるのって何かと億劫ですよね。装着感や使用中のトラブルなどを一から試さなくてはならず、自分の目にあったレンズを見つけるのは意外と難しいものです。

その億劫さから毎回日本へ一時帰国する際に大量のコンタクトを買いだめしてスペインへ持ち帰ってきていたのですが、その在庫もとうとう尽きて製造中止も重なり新たなレンズ探しをここスペインで始めることになりました。

今回はレンズ探しでメガネ屋さんに薦められた最新コンタクトレンズ2種類のレビュースペインでのレンズ購入についてを記しておきたいと思います。

最新レンズのおすすめはシリコン製!

メガネ屋さんに相談して薦められたのがこちらの2つ。どちらも最新技術が施されたシリコン製です。

  • 写真左:ボシュ・ロム「ピュアビジョン2
  • 写真右:ジョンソン・エンド・ジョンソン「アキュビュー・オアシス

 

シリコン製のレンズは素材の特性で厚みが出てしまう。その厚さを感じる装着中の違和感を限りなく軽減するために最新技術を使い、同時にレンズの強度と保湿力も上がったそうです。

シリコン製は保湿力が高く、目がゴロゴロしにくい

シリコン製レンズに最新技術が使われているのはわかりました。が、一体何がどう違うのか解りにくいですよね。シリコン製レンズと従来型、それぞれの特徴を表にまとめてみました。(表は商品カタログを見比べながら説明された内容です)

 シリコン製ソフトレンズ
(J&Jのアキュビューオアシス)
従来型ソフトレンズ
(チバビジョンのプレシジョン)
レンズ厚さ厚め
(実際はいうほど気になりません)
薄め
保湿力従来型より高い少ない〜高め
汚れの付着従来型より少ないシリコン製より多め
金額従来型より高めシリコン製より安い
目への負担(ゴロゴロ感)少ないシリコン製より多い

シリコン製は従来型よりお値段がします。けれど、保湿力が高く装着中の違和感が少なくて目に優しいのでおすすめです。

使用感レビュー①:ピュアビジョン2(Pure Vision 2

purevision2

まずはじめに試したのは、ボシュ・ロム(Bausch Lomb)から発売されている「PureVision2」(ピュアビジョン2)で、1ヶ月用の使い捨てソフトレンズです。

1、ピュアビジョン2の使用感

指でつかんだとき、目に装着したときの感触は「厚め」です。慣れていないレンズだからだと思いますが、装着しているだけでも目が圧迫されるような感覚です。 

装着テスト初日、昼食後に眠くなりコンタクトをしたまま昼寝をしてしまいました。よくないのはわかっているんですが眠気に耐えられずたまにやってしまうんですよね・・・。案の定これがよくなかった。。

目を覚ましたときに強い乾燥感を感じ、すぐに目薬を差しました。パサパサしすぎて表面張力がなくなってレンズが眼球に張り付くような感覚です。結局、それから夜までずっと乾燥感は消えませんでした。翌日に再び装着するも、直後から目の乾燥感と違和感が取れずゴロゴロしたままです。  

まだ目が新しいレンズに慣れていないだけかと思い、違和感が気になるまま2日目・3日目と使用を続けてみましたが、やはりこの違和感と乾燥感は消えません。そして、4日目の夜に異変が起きました。

2、左目に大きな血だまりができた

私がコンタクトレンズを外すのは、シャワーを浴びる前です。

いつもと同じようにコンタクトを外しシャワーを浴びた後のこと、左目の黒目の横に1cm近くの大きな血だまりができていました。夫に言われ鏡を見てびっくり。

レンズを外した直後は何ともなかったし、シャワー中に洗剤が目に入ったり何かにぶつかるような強い衝撃を受けたわけでもない。言われるまで気付かなかったくらいですから、特別な違和感もありませんでした。しいて言うならレンズを外したときの開放感というんでしょうか、すっきりした感覚はありましたがそれだけです。

3、原因はレンズの圧力?

事が起こったのは金曜の夜。月曜にならないとクリニックは開きません(土日は休み)ので、2日半待ってから眼科を受診しました。

専門の眼科医に診察とテストをしてもらいましたが、幸い角膜に傷はついていませんでした。となると、原因は新しいレンズ?と疑いたくなります。ずっと感じていた微妙な違和感と乾燥感、そして装着時の圧迫感。それが原因??

診察の結果、はっきりとは断言できないけれどタイミング的に新しいコンタクトを使用したことは原因の一つかもしれない。ということでやはり新レンズが怪しい・・・。

4、専用の目薬を点眼し、2週間で回復

当面はメガネ使用です。血だまりが完全に引き、さらに2日待ったらコンタクトレンズに復帰しても大丈夫ということで、処方されたのは2種類の目薬です。

  1. 血だまりを引かせる目薬(一時的に使用):写真左
  2. 目の乾燥を防ぐ目薬(日常使いOK):写真右

5、血だまりを引かせる目薬「AQUORAL」(写真左)

1日分の目薬が5日分連なっていて、1つには数滴分の量しか入っていません。これを1日3回、4~5日使い続けます。感触はとろりとしていて濃厚です。

 

6、目の乾燥を防ぐ目薬「TobraDex」(写真右)

目薬1を使用している期間は、1の点眼後に必ず目薬2も差します。目薬1には目の乾燥を助長する成分が入っているので、その乾燥感から目を守るために目薬2が必要にとのこと。

こちらは小さなボトル入りで、血だまりが引いた後でも日常的に使えます。

最初の数日は目薬1のおかげで回復が早く、毎日血だまりが引いていくのが分かりました。5日目以降は乾燥を防ぐ目薬2のみの使用なので、回復は緩やか。最終的に目が回復するまで2週間かかりました。

7、ピュアビジョン2のまとめ

どのコンタクトレンズにも言えますが、レンズの合う合わないには個人差があります。どうやら私にはこのピュアビジョンは合わなかったようです。

次は候補2つめ、ジョンソン・エンド・ジョンソンから発売されている「アキュビュー・オアシス」を試してみました。

使用感レビュー②:アキュビュー・オアシス(ACUVUE OASYS)

acuvue oasys

レビュー①で書いた通り、ボシュ・ロムのピュアビジョン2は私には合いませんでした。

次に試したのは日本でもおなじみのメーカー、ジョンソン・エンド・ジョンソンの新製品「ACUVUE OASYS」(アキュビュー・オアシス)です。

このアキュビューは希望条件通りのレンズで期待できそうです。

私がレンズを選ぶ絶対条件は2つ。
特にスペインの強い紫外線から守ってくれるUV効果は必須です。

  • 使い捨て(2週間用がベスト)
  • UV効果

このアキュビュー・オアシスももちろんシリコン製です。

前半に紹介したとおり、シリコン製は従来型と比べて目の潤いを長時間保つことができ、乾燥の原因になっていた「まぶたとレンズの摩擦」を激減させて裸眼と同じ状態を保てるように作られています。

1、シリコンレンズの厚みは意外と気にならない

シリコン素材のコンタクトはレンズの強度が上がる分、仕上がりが厚めになりがちだと言われていますが、このアキュビューは全く気になりません。それどころか、高保湿のおかげ?で目の乾燥感も気にならなくなりました。

1日のうちにレンズを入れてる時間は短くないので、目の乾燥や違和感が気にならないのはうれしいポイントです。

このレンズを使うようになってから1年近く経ちましたが、テスト試用から今までピュアビジョン2に出たようなトラブルは出ていません。

2、両目使用で1箱・3ヶ月分

アキュビュー・オアシスは2週間用の使い捨てで、1箱12レンズ入りです。私は両目とも同じ度数で使えるので片目6枚ずつ、1箱で約3ヶ月持ちます。(2週間ごと×6枚)

購入は近所の行きつけメガネ屋さんで1箱60ユーロです。1箱で3ヶ月持つので月あたりの経費は20ユーロ。保湿が高くて目の調子も悪くないし、レンズの強度も高くて破れにくいのを考えると、月20ユーロは悪くないかなぁと思ってます。

ちなみに、新しいレンズを買うにあたって私が億劫だと思っていたもうひとつの大きな理由があります。それは「処方箋」です。

日本ではコンタクトレンズを買う際はネット購入であっても、医師から出された処方箋の提出が定められています。これと同じことがスペインでも起こるのだと思っていました。

スペインでは処方箋なしでコンタクトが買えます

glasses-book

スペインでは街のメガネ屋さんで気軽にコンタクトレンズが買えます。

スペイン語で「Optico」(オプティコ)と呼ばれるメガネ屋さんには、メガネ以外にもサングラスやコンタクトレンズ、その他関連商品を購入することができます。

 

日本ではコンタクトを買う前にまずは眼科を受診して処方箋をもらう必要がありますが、ここスペインではそれも必要なし。お店に入ってその場で自由に買うことができます。

このくらい手軽だと買いやすいですね。

さいごに

今回の件でわかったことは「スペインでは処方箋なしでコンタクトレンズが買える」ことと、「UV加工がされた使い捨てレンズの選択肢があまりない」ことです。

選択肢があまりない中、ジョンソン・エンド・ジョンソンのアキュビューシリーズは全てにUV加工が施されていることもありこれを選びました。私の目には合っているようで、今のところ何のトラブルもなく快適に使っています。

これで長かったレンズ探しもいったんは終了です。またレンズ探しをすることになったら記事にしてご紹介しますね。

この情報は2015年4月、2016年1月のものです。  


 

時計

2015年のサマータイムは3月29日(日)夜中2時!

ヨーロッパでは毎年、サマータイムと言われる期間があります。

期間中は時間を1時間進ませることによって、日中の活動時間を広げようというものです。
今年のサマータイムは、今週末3月29日(日)の夜中2:00より開始です。

時計

29日の夜中2:00になると自動的に1時間進み、終了するのは10月25日(日)の夜中3:00。
開始時と同じく、この時間になると時計の針が1時間戻ります。

 

Spain starts Daylight Saving Time on Sunday March 29, 2015 at 2:00 AM local time. Spain ends Daylight Saving Time on Sunday October 25, 2015 at 3:00 AM local time.

 

毎回この日を迎えるとき、「本当にみんな変更後スケジュールで動くの?」と不思議に思ったものですが、意外やみんな何事も無かったかのようにいつも通りだったりします。

日本にはこのサマータイムが無いので、エイプリルフールみたいで最初は半信半疑でしたが、今はすっかり慣れたもんです。

サマータイム開始日と終了日の朝は、起きて一番に「壁にかけてある時計を手動で変更する」ところから始まります。時間が変わったということが目でわかるのが好きですね。
パソコン・携帯は自動調整機能が付いているので時間が変わった感が味わえません。。

サマータイムが開始になると、たった1時間なんですが日中の活動時間が長く感じられます。特にスペインは真夏だと夜10時過ぎまで明るいですし。

夏休みに入った子どもたちは下手すると夜中0時まで公園で遊んでいたりしますし、大人に連れられて夜中3時・4時まで一緒に騒いでいる姿も。
最初はカルチャーショックでしたけど今はだいぶ慣れたものです。笑

今週の日曜日、3月29日より時間が変更になりますのでお気を付けください!