日本でもよく言われていますが海外の洗剤ってやっぱり強いです。

特に毎日使う洗剤たちは要注意です。

ヨーロッパでは一般的に食洗機のある家が多いのですが、とはいえ食洗器に入れられない物や食洗器に入りきらない分は手洗いせざるを得ません。

特に寒い冬場はお湯を使ったりするので、手へのダメージはますます大きく。。

少しでも手荒れを防ぐ、色んなメーカーやブランドを試して辿り着いたのがこの洗剤。
PH5.5の中性、アロエベラが配合と書かれている「MISTOL」というブランドです。

手荒れが一番少なかった洗剤、Mistol

ありがちな強い香料とは異なり、ほのかな香りが残る程度で気になりません。
香り自体もさわやかな感じです。

この洗剤に変えてから前ほど手荒れが進行しなくなりました。

他の家事や庭掃除など他にも手を酷使した後はやっぱりひどく荒れますが、それでもまだマシかな・・・。

荒れてしまった後は修復すべく、愛用ハンドクリームでしっかりとケア。

このクリームは今まで使ったハンドクリームとは一線を越えるほど優秀で、ちゃんと「修復」してくれます。私には合っているようで、一度使ってからは浮気できないほどずっと使い続けている逸品です。

ハンドクリームの記事はこちらよりどうぞ
これ以外は使えないほど愛用している「Neal’s Yard」のしっとりハンドクリーム

Neal's Yardの愛用ハンドクリーム

 


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう