girl-bed

こんにちは!スペイン在住のmikaです。

この3ヶ月間は、新しいことをインプットする勉強期間に当てていました。

大量の情報を頭に入れ込んでいる時期によく感じるんですが、インプットしすぎて逆に頭がこんがらがったなんてことありませんか?

頭の中がモヤモヤした何かで覆われているようで、いつもの自分より動きの鈍さを感じる。インプットしてるんだけど全部がすんなり入ってこないというか、インプットが多すぎて噛み砕けていないような、そんな感覚。感じたことありません?

私はそんなモヤモヤすっきりしない日が長く続いたら、生産性が明らかに落ちました。新しいことだけでなくすべてのことに対して。少ないキャパシティーの中に詰め込みすぎたんでしょうが、明らかにうまく消化しきれていませんでした。

そんなモヤモヤから抜け出せたのは「余白」を作ったから。特に「時間の余白」は大事ですね。すべてはここに繋がっているような気がします。

詰まりすぎて余白がなくなったら生産性が落ちた

私が陥っていたのは、こんなスパイラル。

  • 新しいことに挑戦(勉強)
  • インプットしてもしてもうまく消化できない
  • 理解(前進)しようとインプットの量を増やす
  • さらに情報量が増えてもっと消化できない
  • 1つずつは理解できても全体に繋がっていかない
  • 理解が乏しいのは自分の能力が低いからだと思ってしまう
  • 軽く落ち込む
  • もっと調べてインプットするも消化できないまま
  • 自分の能力が乏しいとまた落ち込む
  • ここに時間がかかっているから他のことに手をまわす余裕がない
  • 全体的に生産性が落ちる

の繰り返し。アウトプットが最善のインプット方法だと言われていても、そもそもインプットした情報を消化しきれていなければアウトプットすることはできない。だって消化しきれていなんだもん。

そこでインプットを一時的に中断し、一息つく時間を作りました。といっても5分・10分ではありません。少しの期間だけ羽を伸ばす時間を作ったんです。一時休戦といったところでしょうか。

余白が大事。詰まってる時こそ時間に余裕を!

そんな悪循環なスパイラルの渦に巻かれて疲れたころ、少し距離を置いて一時休戦することにしました。

今まで後回しにしてきたことを巻き返すかのように、1つずつこなしていきました。家の掃除、手抜きからちょっとだけ手をかけた料理、愛犬と長めのお散歩、友人とのカフェタイム、ブログの更新などなど。

家がきれいになって、作った料理を夫が喜んでくれて、楽しいお散歩で愛犬ははしゃいでる。家族がハッピーだと私もうれしくなります。

モヤモヤが続いていたときは毎日しかめっ面をしていたようで、夫によく「大丈夫?」と声をかけられました。自分では気付いてませんでしたが、よっぽど酷い顔をしていたんだろうと思います。

気分が乗らない時は最低限で。あとは余白作りに励む!

dog-resting

一時休戦するようになってから、鬱々としていた気分が少しずつ遠のいて心に晴れ間が見えてくるようになりました。生活の活力が湧いた感じというのでしょうか、やらなきゃいけないタスクは同じなのに、気持ち一つ違うだけで見えてくる景色がこんなにも違うんだ!って改めて気づきました。

休戦中、何か特別なことをしたわけではありません。自分の状態がどうであれ、やらなきゃいけないことは変わらずやってくる。それなら最低限だけこなして残りの予定は特に決めず、ひたすら余白作りに励みました。

「余白作り」っていうと聞こえはいいですが、ようはダラダラと過ごしただけです。ソファーでくつろいだり眠くなったらお昼寝したり。そんなぐうたら生活をしていたら、ふとした瞬間にアイデアが次々と浮かんでくるようになりました。

余白を作ったらアイデアがいろいろ浮かんできた!

ただのぐうたら生活を続けていたら、アイデアいっぱいのクリエイティブな時間に変わっていきました。

というと大げさですが、でも本当に、ソファーでゴロゴロしていただけなのにいろんな思考が次から次へと湧いてきて「こうしてみたらどうだろう?」「あの部分ってこういう意味なんだ!」と、ひらめくようになったんです。

モヤモヤしていた頭が少しずつ晴れてきて、インプットしすぎで混雑していた頭の中が交通整理されていく感じです。

そうなると、いてもたってもいられなくなって自然と体が次の行動をしたくなるんですね。消化しきれなかったインプット情報も少しずつ噛み砕けるようになって、頭に入っていく。時間はかかったけれど、ようやく次に移れる。

ぐうたらは決して無駄なんかじゃないんです。「急がば回れ」ですね。余白があってこそ新たなヒントや思考が生まれる。どんな時も余白作りを心がけることで、いい気づきを得られるようにしていたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です